5年 生存率

ブログを書きだしてから いつかは この言葉に対する思いを記したいと

思っていました。

今日は この生存率について。。。

 

皆さんはこの5年生存率ってどう捉えますか?

 

がんの告知を受けて主治医から何度かこの5年生存率という言葉を聞きました。

今だから言いますが

この言葉が一番嫌いでした。

この言葉を聞くと とても怖くなって

そのあとの話の内容が頭に入らないくらい 嫌いな言葉でした。

今でも好きではありませんが。。。

 

この5年生存率というのはガン治療から5年後に生きている人の割合です。

再発している、していないは関係なく 生きているかどうかです。

 

まだ がんのステージもわからない時から

ステージⅠで5年生存率がいくつだとか

ステージⅡでこの治療して5年生存率がいくつだとか

その生存率がすべて自分に当てはまるわけではないとわかっていても

とても不安になる言葉です。

自分の命の長さをその数字に当てはめられている気がするのです。

私だけでしょうか。。。

 

 

きっとこの5年生存率の5年を 意識しながら生きていくのでしょうね。

あれから1年 

あれから2年

あれから3年。

はやく5年が過ぎないかな。。。

 

私が生存率上げてやる!!

米ぬか酵素があるから大丈夫。

 

 

こんな気持ちです。

 

 

mahalo