酵素温熱免疫療法とは

酵素温熱免疫療法は、米ぬか酵素風呂で体を温めながら同時に全身で酵素を浴びて代謝を高めることによって免疫力と自然治癒力を強化しその人本来の健康を取り戻して維持するという世界に例を見ない我が国独自の古くて新しい優れた民間代替療法です。

 

米ぬか酵素風呂の桶はさらさらのパウダー状の脱脂米ぬかで満たされています。そこでは無数の好気性細菌が分裂と増殖を繰り返していて、全体が発酵しています。  発酵に伴い発生する熱によって桶の中の米ぬかは、温度が65度くらいまで上昇していて、お客様には15分間全身その中に埋もれて温まっていただくのと同時に、菌が作り出す数千種類もの酵素を浴びていただきます。 お湯のお風呂では65度は熱過ぎてとても入れませんが、パウダー状の米ぬかは細かい粒子で空気が混じっていますので皮膚に密着しませんから、体感温度は43度程度で、15分ゆっくり入っていられます。  発酵で熱せられた米ぬかは遠赤外線を発します。  遠赤外線は体の奥深くまで浸透して体温を上昇させます。 また、無数の菌が作り出す大量の酵素、さらには米ぬかに含まれるミネラルとビタミンは体表から直接吸収され、全身に行き渡り細胞を活性化します。  体温が上昇すると、過熱を防ぐため自律神経の作用で血管が拡がり血液の循環が加速されると同時に発汗します。  血行の促進は細胞に酸素と栄養素を潤沢に補給し、代謝の結果生じた不要物質を運搬しますし、発汗はそれを体外に排出します。  つまり、体全体の代謝が向上するのと同時に毒素の排泄(デトックス)による体の浄化が行われます。   体温が上昇すると、体内の酵素が活性化するのと同時に交感神経の緊張が緩和されますから、これも代謝向上と免疫強化に役立ちます。